TOP子連れで海外旅行 < 2006年タイ旅行 No.1 < No.2

タイ旅行(バンコク)
2006.12.23〜12.30

ANAのマイレージが14万マイル貯まりました。 o(*^▽^*)o

冬休みはどこへ行こう・・・

本当はハワイやオーストラリアに行きたいけど、マイレージが足りません。
それなら3人分だけ特典航空券を使用して・・・ってこともできるけど、
これらの人気路線で特典航空券の枠は、すでに1年前からいっぱい!

・・・といろいろ考えた末、1人35000マイル使い、
家族4人でタイのバンコクへ。

ANAスターアライアンスのシンガポール航空を使用。
ここの飛行機は座席の背面にモニタが付いていて、
映画を見たり、マリオなどのTVゲームができるのがいいところ。
5〜6時間のフライト時間も、結構退屈せずに過ごせます。



12月23日(土)
関空12:55発 シンガポール航空SQ625

映画は「海猿2」を見ました。
感動のシーンでウルウルしてるのに、「お飲み物はいかがですか?」とか聞かれて、
涙目で「coffee please」でしたぁ〜〜


*メニュー*
前菜盛り合わせ・麺類
牛肉の味噌照り焼き・香味御飯
小菓子・アイスクリーム・パン・バター

これまた映画がハラハラドキドキのいいシーンで、
私ウルウル状態の時に機内食のサービス。

バンコク17:25着
以前の「ドンムアン空港」ではなく、
去年9月開港したばかりの「スワンナプーム国際空港」に到着





トランクにスーツケースが一つしか入らなく、
無理やり2個入れて、紐でピヨ〜ンと留めただけ。

タイの運転手さんは、かなりのスピードを出します!
落っこちないか心配・・・。 (>。<)
空港からホテルまで、タクシー300B(初乗り35B)


今回の旅行前半の宿泊場所

ロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテル・アンド・タワーズ

ロビーはクリスマスのイルミネーションでいっぱい。



夕食はタイ料理。プーパッポンカリーで有名な「ソンブーン」へ

「ソンブーンディ」と言う似通ったお店があるらしいです。
お皿にカニの絵が描いてあるのが本物のお店。
「ソンブーン」には支店がいくつかありますが、
タクシーの運転手さんが間違えることがあるらしいのでご注意!


左写真の一番左) 
上げた白身魚にピリ辛のタレがかかっているもの
左写真の真ん中) 
パッブンファイデーン (空心菜の炒め物。辛くなくて超ウマ!)
左写真の一番右)
 プーパッポンカリー(カニをカレーで炒めて、溶き卵をふんわりからませたもの)
右写真上) クンオップウンセン(春雨とえびの蒸し物)
右写真下) おなじみトムヤムクン

あと春巻き・ご飯・ドリンク代入れて1500Bでした。



12月24日(日)


朝食はバイキング。


結構クーラーが効いてて寒いので、
オープンテラスの方が良かったかなと思って外に出てみると、
外の方がもっと涼しい!
なんでも寒気団が降りてきていて、珍しく気温が低いみたい。
川に面していているので、肌寒くなかったら眺めも良いし、
こちらでの食事も気持ちがよさそう。



朝食後、チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットへ。
ここは名前の通り土日しか開催されていません。
衣類・服飾雑貨・インテリア雑貨・小物・食器・食品、
アンティークなものに動植物まで
様々な物が安価で売られていて、とっても楽しいです。

も〜のすごく広いので、1日で回りきれないし、
ちゃんとお互いくっついて行動しないと迷子になりそう!
迷子になったら目印の時計台の下!って決めておかないと、
携帯電話を持っていたとしても、
自分がどこにいるのかでさえわかんなくなります。
地図はこちら

お買い物も「これどうしようかな?」と思ったら即買わないと、
またあとで・・・なんて思ってもそのお店になかなかたどり着けません。



屋内は通路も狭く、以前こちらを訪れた3月下旬は、
気温も暑くムシムシしてたまりませんでした。
今回12月は乾季なので、ちょうどいい気候です。


動物などの置物のガラス細工屋さん


ベンジャロン焼きなどの陶器が売られています。

書いてる数字はタイバーツの価格。
1バーツ約3円なので、
上の商品だと95バーツ×3円が日本円の値段。


犬・ネコ・ウサギや鳥などの小動物も売っています。
鳥は1羽60バーツ。


衣類もたくさん!
ジーンズは199バーツと日本円で約600円!

あたったらイヤなので、
こちらで飲み食いはしていませんが、とにかく安い!
下の看板のジュースもイチゴも一袋20バーツ(約60円)




お昼はサイアムパラゴン内にあるお店で。
昨日バンコクに着たばかりと言うのに、
こんな日本が懐かしいような昼食を食べてしまいました。
「ケンターッキー」と「OOTOYA」のおにぎりセット


昼食後、サイアムパラゴン内にある
サイアムオーシャンワールド」へ。
2005年に出来たばかりのこの水族館は、
沖縄の美ら海水族館を抜かして
東南アジア最大規模、大きさが世界ベスト2の水族館らしいです。

大人450バーツ・小人(身長120cmまで)280バーツですが、
+150バーツでパスポートを購入。
グラスボート乗船券(150バーツ)・ポップコーン・粗品がついてきます。

こちらのページに詳しく紹介されています。


グラスボート乗り場
15分と短い時間だけど楽しかったです


ジンベイザメのいる美ら海水族館の
大きな水槽の方が良かったかも・・・。


クリスマスなので、
サンタさんの格好をしてます
タイ語なので説明が分かりません・・・。

水族館のあとは、サイアムパラゴン内にある
大きなスーパーへ行ってみました。


なんだぁ〜これは?
「すつぼい梅 かちの日本様式のす」
「おたご」 たまごスープです。
「たまご」と書いたつもりだったのかも?


コップンカー(ありがとう)をしてるタイのドナルド


ロイヤルオーキッドシェラトンのお部屋からの夜景。
向かいに見えるの高層ビルは、ミレニアムヒルトンホテル。
チャオプラヤー川を行き来するディナークルーズの船で夜の川も賑やかです。



12月25日(月)
 

今日は午前中スネークファーム(タイ赤十字協会)へ。
このスネークファームは、蛇の毒の血清研究する機関で、
世界第2位の規模があると言われています。
大人70バーツ、10歳以下無料。
こちらのページにも詳しく載っています。

30分ほど講義室でレクチャーのあと、スネークショーへ。
レクチャーは英語&タイ語ですが、
スライド写真を見ながらですので、まぁわからなくても楽しめます。
(レクチャーとショーは時間が決まっていますので、行かれる前に要チェック!)





丸いドームは何かな?と思ってると、蛇のおうちでした。
しかもその蛇、おじさんが覗き込むと
怒って頭を持ち上げてみたら、
な〜んとコブラ!
お・おじさん・・・危ないよぉ〜

ショーの始まりです!
飛びかかってきたら・・・と思うと
怖くて(小心者・・・)あまり近くで見られません!!

子供にも「あんまり前にいかんとき〜!」と言ってました。

でももし咬まれても、毒蛇研究所で血清はたくさんあるだろうから、
大丈夫かなぁ・・・?


他にもいろんな毒蛇の紹介
ショーの最後は大きなニシキヘビと一緒に記念撮影(無料)
あまり期待はしていなかったんだけど、
大人も子供も結構楽しめました。

ワット・フアランポーン(Wat Hualamphong)
スネークファーム前の道路を隔てて斜め向かいにあります。
ガイドブックにも載っていないのですが、綺麗だし寄ってみました。




ここ見学後、タクシーでワットプラケオとワットポーへ。


タクシーの車中からの景色。 左)ホアランポーン駅右)タイ国防省


先にワットプラケオ(WatPhraKaeo)から見学
ワットプラケオは服装に厳しく、ノースリーブ・短パン・サンダル禁止。
入場料は外国人250バーツ、タイ人と120cm以下は無料。


キンキラで壁も柱も細かい細工がしてあり、とてもきれい!
バンコクに来られたら、行ってみる価値あり!だと思います。
子供達は興味がなかったんですけど・・・。








次はワットポーへタクシーで移動。
もうお昼もとうに回りおなかがすいたんだけど、
食べるところがありません。
いや・・・正確には食べるところはあるんだけど、
おなかを壊したらいけないし・・・。
ちょっと市内で腹ごしらえしてから来ればよかったなぁ・・・。

ワットポー(涅槃仏寺)



この涅槃仏像は、高さ15m長さ46mで、お堂の中に横たわっています。
キンキラででかくて、もうすご〜いの一言!
優しそうなお顔ですね〜。

子供達はお腹がすいてブーブー言うし、
とりあえずこれだけ見て、あとのワットポーの中は見学もせず、
さっさと市内へ帰りました。

本当はワットアルンも見たかったんだけど、
この時点で2時半頃になっていたのであきらめました。


帰りのタクシーが渋滞に巻き込まれ、昼食を食べたのはもう4時前。
今日の夕食は、ディナークルーズのインターナショナルビュッフェなので
控えめにと思ったんだけど、結構満腹になっちゃいました。

トムヤムクン
パッタイ(タイ風焼きそば)
パッ・カパオ(鶏肉のホーリーバジル炒め)


夜は、パンダバスで申し込んでいた
チャオプラヤー川ディナークルーズ(インターナショナルブッフェ)に参加。
時間:19:30〜21:30 大人小人共 1100バーツ

宿泊しているロイヤルオーキッドシェラトン横の
「リバーシティー」から乗船なので楽でした。

口コミを読むと、船上デッキ席が良さそうなんだけど、
何も指定するところもなかったし、室内かと思っていたら船上デッキの席!
それも前方の席で見晴らしもよく、とってもラッキー!

ツアーデスクに15分前に集合

グランドパール号に乗船

生演奏でお出迎え

奥に見えるのが
ロイヤルオーキッドシェラトン

胸に着けてもらいました


キャンドルライトでいい雰囲気〜♪


タイ舞踊のお姉さん

このあとディナーブッフェの開始後、
下の子はバイキングの食べ物を取ってる最中に
船酔いをしてしまってダウン・・・。
ここから下の子はゲロゲロ。
ジンジャーエールをちょっと飲んだだけで、
下の子にとって最悪のディナークルーズに。
もう船には乗りたくないそうです・・・。


左)行けなかったワットアルン
右)昼間見たワットプラケオ


テーブルのそばでギターの弾き語り。
我が家が日本人とわかったみたいで、
主人に「for you」と言って「昴」を弾き始めました。
(ちょっと写真が暗いですけど・・・)

「目を閉じて何も見えず・・・♪」

谷村新司を知らず、嘉門達夫の「替え歌メドレー」で
この歌を知ってる上の子は、笑いをこらえるのに必死!

「目を閉じて鼻をつまみ、耳の穴をふさいだら、あとはへそとお尻しか、
ほかにふさぐ穴はなし〜♪ 穴が〜つま〜るよ〜♪」


楽しくクルージングを終えたのですが、
翌日から私と長女は大変な目に・・・。

続く・・・。


  


キャンプ  国内旅行  海外旅行 おでかけ スキー リンク集