TOP子連れでスキー<志賀高原


我が家の子連れスキー歴

 ■1996年
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
 [兵庫県]
  六甲山人工スキー場

 ■2000年
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場

 ■2001年
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
  国境スキー場

 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
 [福井県]
  スキージャム勝山

 ■2002年
 [岐阜県]
  ウィングヒルズ
  白鳥スキー場


 ■2003年
 [兵庫県]
  アップかんなべスキー場
 [兵庫県]
  アップかんなべスキー場

 ■2005年
 [滋賀県]
  ベルク余呉スキー場

 ■2006年
 [長野県]
  志賀高原スキー場
 (熊の湯・一ノ瀬・焼額)
 [兵庫県]
 アップかんなべスキー場


スキー関連お役立ち情報

 私が良く利用する
 サイトを集めてみました。


 ■スキー情報
 私が参考にしたサイト
 いろいろ

 ・じゃらんスキー・スノボ
 ゲレンデ情報&
 予約OK!な宿泊&温泉

 ・「楽天トラベル」
 スキースノボ特集

 ・ヤフートラベル
 ファミリーにおすすめ
 スキー場


 ・POPSNOW net
 全国のスキー場情報

全日本スキー旅行業協会
 お得なリフト券が!




志賀高原 熊の湯スキー場
一の瀬ダイヤモンドスキー場・焼額山スキー場(長野県)
2006.1.4〜6

公式HP:http://www.shigakogen.gr.jp/

今まで子供もそんなにスキーをしなかったし、
また運転も長距離だと1泊では大変なので、
関西近郊のスキー場に行っていましたが、
この冬、志賀高原まで2泊5日(車中2泊)で行って来ました。

昔(15〜20年前)と違い、
結構近くまで高速道路が延びていて、
以前よりアクセスは便利になっていました。

またこの冬スタッドレスを買ったので、
チェーンを着ける手間が省けて良かったです。

特に今年は大雪で、高速道路もチェーン規制をしている箇所が多く、
チェーンなら現地到着まで、とても時間がかかったと思います。



1月4日(水)

初日は、ホテルの近くの「熊の湯スキー場」で滑りました。

 

雪がものすごく吹雪いてて、回数券にしました。
1回滑ってはレストハウスで休み・・・って感じで、
あ〜まりにも寒くお昼過ぎにはホテルに引き上げました。

宿泊先は、熊の湯「志賀喜楽ホテル」に2連泊。


今回はトクー!トラベルで申し込みました。
1泊2食付き1人5234円でした。



温泉は硫黄成分。
ロビーにある足湯を、滞在中何度か利用しました。



夕食はこの他にもグラタンや煮物や
和洋折衷のメニューでした。
美味しく頂きました〜。



1月5日(木) 

今日は「一の瀬ダイヤモンドスキー場」へ。
1.5日券を買ったのですが、寒くて子供達もいやがるし、
リフトに乗っても辛いし、あまり滑る気になれません・・・。
途中で、ゴンドラがある焼額へ移動。

でも吹雪で視界も悪く、
今日も早々にホテルへ引き上げました。
早く温泉につかりた〜い {{{{(+ω+)}}}}

 
 



今日はキムチ鍋がメインでした。
その他にお刺身やビーフシチューもあり w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
やっぱり今日も和洋折衷のお料理。



1月6日(金)

昨日とはうってかわって、朝から青空が見えていました。
今日は「焼額山スキー場」へ。

昨日1.5日券を購入しているので、
今日は13時までリフト券が使えます。

昨日まで滑られなかった分を取り戻そうと、いっぱい滑りました。



焼額山頂付近から見た北アルプス連峰。

 

 



パノラマコースを滑りました。
距離が長いので(2km以上はありそう)、
だんだん足がワナワナ・・・。

 

休憩や昼食はプリンスホテル南館で。
スキー後の着替えは、
志賀高原プリンスホテルの更衣室を使用。


志賀高原プリンスホテル

楽しかったSKIも終わり、大阪へ。
途中道の駅「北信州やまのうち」に寄りました。
地域の特産物が置いてあります。



 

湯田中駅前温泉「楓の湯」に寄りました。
ちょうど湯田中駅の裏にあります。
大人300円・小人150円と料金も安い!

混んでて洗い場が少ないのと、
内湯が熱すぎたのが難点でしたが、
でも露天風呂もあって良かったです。
建物の外には足湯もあります。