TOP>子連れでスキー


我が家の子連れスキー歴

 ■1996年
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
 [兵庫県]
  六甲山人工スキー場

 ■2000年
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場

 ■2001年
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
  国境スキー場

 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
 [滋賀県]
  余呉高原スキー場
 [福井県]
  スキージャム勝山

 ■2002年
 [岐阜県]
  ウィングヒルズ
  白鳥スキー場


 ■2003年
 [兵庫県]
  アップかんなべスキー場
 [兵庫県]
  アップかんなべスキー場

 ■2005年
 [滋賀県]
  ベルク余呉スキー場

 ■2006年
 [長野県]
  志賀高原スキー場
 (熊の湯・一ノ瀬・焼額)
 [兵庫県]
 アップかんなべスキー場








スキー関連お役立ち情報

 私が良く利用する
 サイトを集めてみました。


 ■スキー情報
 私が参考にしたサイト
 いろいろ

 ・じゃらんスキー・スノボ
 ゲレンデ情報&
 予約OK!な宿泊&温泉

 ・「楽天トラベル」
 スキースノボ特集

 ・ヤフートラベル
 ファミリーにおすすめ
 スキー場


 ・POPSNOW net
 全国のスキー場情報

全日本スキー旅行業協会
 お得なリフト券が!






 ■天気予報
yahoo!JAPAN 天気予報
 出発前、気になる
 お天気をチェック!



 ■立ち寄り温泉
 我が家ではスキーの帰り、
 近くに温泉や
 スーパー銭湯があれば、
 必ず入りに行きます。
 各地の温泉に入るのも
 楽しみの1つです。
 スキーの時は、
 お風呂グッズも必ず持参。



 ■道路情報
 ・日本道路
 交通情報センター
 JARTIC
 お出かけ前に渋滞の確認!

 ・道の駅
 長距離ドライブの
 休憩の参考に。
 美味しい物があったり、
 地元で取れた
 新鮮な野菜が売ってたり、
 我が家は道の駅が大好き。



 ■道路地図
 出発地と到着地の入力で
 簡単ルート検索
 ・マピオン
 ・Mapfan



 ■各地の飲食店探しに
 ・ホットペッパー
 ・ぐるなび



























楽天トラベル株式会社




独身の頃は信州の方までよく行きましたが、
子供が出来てからは近場ばかり。
大阪からだとなかなか、
近くて雪質のいい所には行けません。

雪質のいい所に行ったとしても、
小さいうちは雪だるまやかまくら作り、
ソリ遊びばかり・・・
そんな何時間もかけて
遠くまで行かなくってもいいかな
・・・って感じです。

でも下の子も滑れるようになってきたので、
やっと志賀高原まで行けるようになりました。



・・・が、だんだん私は
スキーより温泉
スキーより蟹・・・(^^;)

子供達は中高生になり
どんどん滑れるようになって来た頃、
40代の私は体力がなくなってきましたので、
スキーに行く気力が
なくなってきました・・・(+_+)


 


 


子連れでのスキー場の選び方
〜我が家の場合


なるべく近場のスキー場
遠くまで時間かけて行っても、
子供はそんなガンガン滑りませんし

駐車場とゲレンデの距離が近い
オムツを替える所があればいいですが、
車内で替えることになるので・・・。

★子供用・雪遊び用のゲレンデの
キッズパークやキッズゲレンデ
がある
ところの方が安心。

 

ムービングベルトが設置されている所だと、
斜面の登りに便利。

最初は近場のスキー場で選んでいましたが、
だんだんこれらを基準に
選ぶようになりました。





子供用スキー用品について

年に数回しか行かないし(1〜2回?)、
大人と違って年々成長するので
サイズが合わなくなるし、
子供の物を1式揃えるのは、
何かもったいない感じですよね。
レンタルするか・・・
または知人に借りるのが一番安上がりですけど。

レンタルでも1回につき
スキー3点セット(靴・板・スティック)で
3,000円位するので、
我が家は1式買ってしまいました。



実は初回レンタルして、
2〜3回ちょっと滑ったけど、
ソリや雪遊びの方がよくなったらしく、
全然スキーをしなくて
もったいない思いをしました。

子供は「もったいない!」と言う頭がないし、
気まぐれですし・・・┐( ̄ヘ ̄)┌



購入費用は、
スキー板ビンディングストック
1万円位だったかなぁ・・・?

それとスキー靴が4,800円くらいだったかな?
3,900円位のもあったんだけど、
中で足にフィットするように、
ネジで調節できる機能が付いてる
のにしました。

サイズは変わるけど
2シーズンくらいは使えるし、
あとうちは下の子がいるので、
その子の時にも使えるという理由で
購入しました。
近くに売ってない!という方、ネットでも買えますョ。

でも、スキーは今後あまり行くことはない方、
年に1回行くか行かないかのために
収納スペースにも困るし・・・という方には
レンタルの方がいいですね。





スキーウエアは、紐などで調節して
3サイズ(例えば100〜120とか)使えるお得な物
が、
主流になってきてますね!
一度子供がリフト券ホルダー(ゴムバンドの)を
腕にしてて落としたことがあって、
1日券ですよ〜!
1日券!!
泣きそうでした・・・(ToT)が、
親切な方が拾って届けてくれてたのでした。m(_ _)m

次に買う時、ウェア自体に
リフト券ホルダーが縫い付けてあるウエアを見つけて、
それを買いました。
サイズ調節以外にも、
最近はトイレに行きやすいとか、
いろんな機能が付いてるのがあるみたいです。

でもいざ買いに行ったら
欲しいサイズがなかったり・・・。
今はオンラインショップでもお買い物ができるし、
オークションで買うこともできるので、
選択の幅が広がりますよね。
またサイズが合わなくなったらオークションに出品して、
必要な方に使って頂くこともできますョ!







ソリ遊びの間は、スノーブーツも履いてました。
今はおしゃれなデザインの物が出てきてますね〜!

長靴でも・・・って感じですけど、
やはり足が冷たくなるという話を聞いたことがあります。
スノーブーツは、マジックテープで
キュッと締めたり中敷を敷いたりすると、
少し大きめのサイズでも大丈夫そうです。
これもやっぱり1シーズン限りじゃ
もったいないですしね。
でもスキーをするようになったら、
スキー靴を履きっぱなしなので、
持って行くことはなくなりました。







インナーは、
わざわざスキー用タートルとか買わずに、
普段でも着られるようなハイネックの服を中に着せました。
ユニクロなんかでも売ってますよね。
フリース地だと暖かいですし、
最近はヒートテックかな。





靴下パイル地とかの
クッション性が良さそうな暖かそうな物
でしたら、
何でもOKだと思います。
雪が入ってぬれたりする場合がありますので、
替えの靴下は持って行きました。





我が家はスキーに行くと、
必ずと言っていいほど吹雪かれるので、
帽子は必需品です。



帽子がないと髪の毛にいっぱい雪が積もって、
レストハウスに入ったらベチョベチョになります。
帽子をかぶってた方が耳も暖かいですしね。
スキーのためにわざわざ買うのなら、
最近では100円均一でも売ってます。
ニット帽だと伸縮性もありますし、
そんなにサイズも気にしなくていいです。





それとやはり吹雪かれることが多いので、
ゴーグルもしています。
サングラスの方がおしゃれですが、
こけたりすることも多いので、
子供にはゴーグルの方が安全かなと思います。







手袋防水加工にちゃんとなっていなくちゃ、
小さいお子ちゃまは
ず〜〜っと雪で遊んだりしますので、
べちゃべちゃになります!!
なるべく手首の奥の方までしっかり隠れて、
雪が入ってきにくいタイプのものをおすすめします。
ソリ遊びの間はミトンでもいいですけど、
スキーをし始めたら5本指の方がいいみたいです。
防水加工がとれている場合は、
防水スプレーをしっかりしておかないと、
可愛そうなおててになります。 (T△T)

防水加工といえば、
スキーウエアのオシリあたりも肝心ですね!d(-_^)

 





【ゲレンデでの持ち物】
子供がいない頃は、
ゲレンデに持っていく荷物は、ウエストポーチの中に
お財布と小さいタオルと口紅くらい感じだったけど
(携帯はその当時なくて、免許不要の小電力無線機を持参)
子供と行くようになったら
一気に荷物が増えてしまいました。

リュックの中には・・・

・ビデオ&カメラ
・タオルにティッシュ、
・おやつ
・ペットボトル

子供が小さい頃は、更に
・オムツ数枚
・オシリ拭き

・・・と、かなりの荷物になりますね。




【雪遊び】
ソリはいつも必ず持って行きます。
プラスチックの乗るタイプと、
お尻に敷いて滑るのと2つ持ってますが、
普通のプラスチックの方がよく滑る感じ。

上の子もまだスキーでガンガン滑る方ではなく、
スキーの1日券を買うともったいないくらい。
まだまだ雪遊びもしたいみたいです。



雪合戦用の雪のボールを作る
プラスチックのグッズを購入。
キレイにま〜るい雪の玉が作れます。



あと毎年、お砂場セットとか
持って行けばよかったなぁと思いながら、
ついつい忘れてしまいます。
プリンカップみたいなのでいいから持って行くと、
砂よりキレイに形ができるので、
結構楽しく遊べますョ。






【オムツ替え】
オムツをしてるお子さんを連れて行く時は、
絶対に何回かオムツを替えないといけませんよね。
スキー場のトイレでオムツ交換台があるとこって、
今まで行った中であったかなぁ・・・?
最近はあちらこちら設備も充実してるのでしょうね。

私はいつも駐車場に止めてる車に戻って、
オムツ替えてました。
だからオムツをしている間は、
必然的に「駐車場の前がゲレンデ」という
スキー場を選んで行ってました。
(オムツ以外でも何か置きに行くとか取りに行くという時、
駐車場が近いと便利です。)

ただでさえ普段より、
スキーウエアにタイツにと厚着させてるし、
替えにくい!替えにくい!
駐車場に止めてる車なので、
早く替えてあげないとオシリ出してる間、
寒そうだし・・・。
1回大きい方をしてまして・・・
すんなりオムツを替えさせてくれない上の子は、
あばれてあばれて、
コロコロだった物
(コロコロでよかった・・・)が、
車の床やらに落ちて悲惨だったことがあります・・・。





【温泉】
たいていスキーの帰り、
我が家は日帰り入浴の温泉や
スーパー銭湯に寄って帰ります。
行く前にスキー場に近い温泉なんかをチェックしておきます。
温泉に入って、どこかで晩御飯食べて、
子供達は帰ってそのままバタンキューです。



志賀高原の帰りには湯田中温泉 楓の湯によりました。





【クーポン券】
出発前にスキー場ののHPを見たら、
いろいろお得な情報が載ってる事があります。
リフト券が割引とか・・・。
そのページを印刷して持って行ったりするので
ちょっと手間ですけど、
たとえ100円や200円の割引でも、
その分ジュースなんか飲めたりしますし。
お出かけ前に一度チェックしてみてくださいね。
他にも・・・
全日本スキー旅行業協会
(お得なリフト券パックが載っています)







キャンプ   国内旅行   海外旅行  おでかけ  スキー  リンク集